検索
  • Pianeco Music

『もちもちふわふわ』

ピアノ教室Pianecoでは、色んなものを題材に曲作りに挑戦していきます。


今日題材になったのは、Pianecoのスタッフのひとり(一匹)もっちのお腹でした。

生徒さんが、フワフワした曲を作ってみたいというので、フワフワしたものを探していたら、ちょうど近くでお昼寝していました。

お昼寝してるところ、どうにか協力してもらってお腹を触らせてくれました。

もっちのお腹は、世界一フワフワなのです。



もっちのお腹を堪能したら曲づくりスタート!


音を出しながら曲の具体的なイメージを決めます。

彼女は最初にファの音をならして


「これじゃズドーンてきちゃう、もっとフワーとさせたい」


と言いました。


そして試行錯誤して、ペダルや和音を使ってフワッと感を出すことにしました。

単音はズドーンとくるとか、ペダルを使ったらフワッとするっていう感覚、とっても素晴らしいなと感心しました。


彼女が決めてくれた曲のイメージはこちら。

・ゆっくり(テンポ)

・ペダルを使う

・真ん中〜上の音域で弾く

・和音を弾く


曲のイメージが決まったら、色んなコードを鳴らしてみて好きなコードを選んでもらいます。

選んでもらったコードを最初のコードにします。

弾き始める前に、一番肝心なタイトルを考えてもらいます。


今回の曲のタイトルは『もちもちふわふわ』です。


楽譜もないし、始まり方も終わり方も、何もルールはありません。

彼女が決めた曲のイメージと、手に残るもっちのお腹の手ざわりをたよりに、ただ演奏していきます。


『もちもちふわふわ』の一部がこちら


素晴らしい出来だと思いませんか?

とっても素晴らしいです!

下のコードを弾いているのが私で、生徒さんは上の方のキレイなメロディを弾いています。


初めてのレッスンだったけど、立派に即興演奏ができていました。

次は、どんな曲ができるのか楽しみです!

8回の閲覧
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

©2019 by pianeco.com